極寒用の防寒着を用意すれば快適に働ける

作業服8

気温が低くなると、戸外の作業がきつく感じられます。そんな時は、極寒用の防寒着を用意しましょう。冬季も快適な状態で働くことができますので、スタッフのモチベーションがアップします。冷凍倉庫など、気温が低い現場で作業する場合にも適しています。

中には、軽くて動きやすい防寒着もあります。サイズが豊富なので、スタッフの体型にぴったり合う防寒着を新調しましょう。

防寒着を着用するメリット

冬になると、気温が低くなって体調不良を発症しやすくなります。特に、戸外で働く現場では、スタッフの体調管理に配慮する必要があります。作業服の上に防寒着を着用すれば、スタッフの体温低下を防ぐことができます。

極寒用の防寒着なら、雪が降る日でも安心です。冬季の対策として、極寒用の防寒着を用意しましょう。快適な状態で働けますので、作業の能率も上がります。冷凍倉庫など室温が低い現場でも重宝します。尚、防寒着によって機能性やデザインが異なります。

職種を考慮して選ぶことがコツです。

とても重要な防寒着の機能性

防寒着を新調する予定があるなら、機能性を重要視しましょう。重量がある防寒着だと、動きにくいので作業効率が落ちます。スタッフのモチベーションにも影響が出ますから要注意です。まずは、防寒着の種類を選択しましょう。

ブルゾンは丈が短いので動きやすいというメリットがあります。現場で歩き回ることが多い職種に向いています。また、丈が長いコートは保温効果が高いです。裾が膝丈まであるコートは足の冷えを防げるので、立ち仕事が多い現場にぴったりです。

ほかに、ベストの防寒着も販売されています。両腕が自由になりやすく、不便な思いをしません。各特徴を把握して、職種や現場に適した防寒着を新調しましょう。防寒着は軽くて動きやすいことが大切です。ポリエステルの綿を使用した防寒着なら、軽量なので快適です。

また、雨や雪の日でも対応できるように、防水加工がほどこされた防寒着がおすすめです。水分が浸透して、体温が低下することがありません。さらに、内側にアルミ素材を使用した防寒着は、体温を逃しにくいという特徴があります。

襟元に風が入ってくるのを防ぎたいならば、襟にボアがついた防寒着にしましょう。フードの取り外しが可能な防寒着は、天候に応じて使い分けられます。制電加工を取り入れた防寒着は、電気工事を行う現場で重宝されています。

夜間も安全に作業したいなら、反射板がついた防寒着を選びましょう。スタッフが安心して作業に専念できます。

防寒着のデザインにも注目しよう

防寒着を新調することが決まったなら、デザインを慎重に選ぶことが大事です。まずは、防寒着のカラーを決めましょう。汚れが目につかないカラーにしたいなら、ブラックやグレイ、ブルーが適しています。また、オレンジやシルバーなどのカラーは目立ちやすいので、注意力を喚起します。

戸外で作業する場合に、人の目につきやすいカラーの防寒着を着ていれば事故防止につながります。尚、建設や土木などの工事現場で、女性が活躍するケースが増えています。そのために、ピンクやレッドなど、明るいカラーの防寒着も流通しています。

防寒着のカラーを選ぶ時は、スタッフの意見も取り入れましょう。中には、リバーシブルやツートンカラーの防寒着もあります。デザインにこだわりたい場合におすすめです。防寒着には複数のポケットがついています。脇の部分だけではなく、内側や袖にポケットがついている防寒着は多いです。

しかも、ポケットにマジックテープやファスナーがついている防寒着なら、ペンや工具などを落とす心配がありません。ポケットの位置や機能も確かめましょう。また、袖口から冷たい空気が入ると、体温が下がりやすくなります。

袖口をゴムやマジックテープでガードできる防寒着は、冷気の侵入を防げます。

防寒着は通信販売でも購入できる

極寒用の防寒着は、通信販売を利用して購入することが可能です。通信販売を利用するメリットは、会社のパソコンから注文できるところです。防寒着のカラー写真が載っていますので、参考にしながら選べます。しかも、通信販売の防寒着はサイズの種類が豊富です。

SやМ、Lのほかに、3Lや4Lなどの大きなサイズも取り扱っています。着丈や胸囲などのサイズも記載されていますから、スタッフの体型にぴったり合う防寒着を注文しましょう。通信販売を利用して注文すると、会社まで防寒着を届けてもらえます。

一定の金額以上の防寒着を購入すると、送料が無料になる通信販売は多いです。まずは、見積もりを依頼して、正確な料金と納期を教えてもらいましょう。見積もりは無料ですから、費用に関する心配は無用です。ネーム入れの相談にも対応していますので、気軽に問い合わせてみましょう。

スタッフや会社のネームが入っていると、結束力が強くなります。防寒着の落とし物を防ぐことも可能です。尚、法人登録をしておけば、各種サービスを受けられます。無料で防寒着のサンプルをレンタルできますので、積極的に申し込みましょう。

実際にサイズや保温性を確かめられますから、とても便利なシステムです。ただし、レンタル期間が定められていますから注意が必要です。期限内にサンプルを返却しましょう。さらに、カタログの無料発送も受け付けています。

防寒着のほかに、作業服やインナー、安全靴などの情報も載っています。新たに購入したい場合に役立ちます。

防寒着が届いたらチェックしたいこと

防寒着が会社に届いたら、必ずチェックしたいことがあります。それは、スタッフのネームとサイズを確認することです。もしもネームが間違っていたり、サイズが合わなかったりして不備な点が発覚したら、すぐに連絡を入れましょう。

防寒着の返品や交換に応じてもらえます。ただし、申し込みの期日が定められていますので、あらかじめ確かめましょう。期日を過ぎると返品や交換を申し込むことができません。さらに、送料に関する項目も把握しておきましょう。

送料が必要な通信販売があるからです。

極寒用の防寒着なら働きやすい

寒い冬も快適に働きたいなら、極寒用の防寒着を新調しましょう。軽量で保温効果が高い防寒着は、スタッフの作業効率が上がります。また、通信販売を利用すれば、店舗に行く必要がありません。法人登録をしておくと、無料サンプルのレンタルなどの各種サービスを受けられます。

ただし、返品や交換の申し込みは期日が定められていますので気をつけましょう。